スパンサードリンク
<< イボの対策と治療法 | main | タコ・ウオノメの原因と対策 >>

スポンサーサイト

  • 2008.01.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タコ・ウオノメとは

タコウオノメも俗称で、それぞれベンチ腫と鶏眼(けいがん)が正式病名です。どこか足の裏にかぎらず皮膚の一部が慢性の刺激を受けると、正常の反応として皮膚は(特に表面の角質層と呼ばれる部分が)厚く硬くなってきます。これが進んで病的になったものがタコウオノメです。慢性刺激を受けたあたり全体の皮膚が少し黄色を帯びて厚く硬くなって盛り上がってくると、タコになります。また、限られたごく一部の皮膚の角質層が厚くなり、硬い芯になって皮膚に楔状にめり込んだものがウオノメです。楔状になった角質芯の先が神経を刺激するので、ウオノメは歩行や圧迫により激しい痛みを伴うのが特徴です。

スポンサーサイト

  • 2008.01.17 Thursday
  • -
  • 10:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

新卒採用2018 | GMOペパボ株式会社
-->
足の裏の皮膚病最新記事
足の裏の皮膚病カテゴリー
スポンサードリンク
足の裏の皮膚病アーカイブ
リンク集
サーチ
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲