スパンサードリンク
<< タコ・ウオノメとは | main | 足の裏の皮膚病と靴 >>

スポンサーサイト

  • 2008.01.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タコ・ウオノメの原因と対策

足の裏皮膚にできるウオノメタコの原因である「特定の場所への慢性刺激」は、不適切な靴、長時間の歩行、の変形、歩き方の異常、年をとったり病気などによって皮膚の脂肪組織が減少したり、浅い所に硬い骨や関節があることなどで生じます。治療としては、一般に塗り薬や貼り薬などで、足の裏皮膚の厚く硬くなった角質をやわらかくしたり、やわらかくした後でハサミなどを使って除去したりしますが、原因を見つけて取り除くことが最も大切です。慢性刺激の原因が除去されない限り、治療してもなかなか治らないばかりでなく、一度治っても必ずといっていいほど再発するからです。また、どんな原因にせよ不適切な靴の使用が誘発や悪化に一役買っていることが多いので、適切な靴を履くことがウオノメタコの予防と治療にとても大切だといえます。
 

スポンサーサイト

  • 2008.01.17 Thursday
  • -
  • 10:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-->
足の裏の皮膚病最新記事
足の裏の皮膚病カテゴリー
スポンサードリンク
足の裏の皮膚病アーカイブ
リンク集
サーチ
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲