スパンサードリンク
<< タコ・ウオノメの原因と対策 | main | タコ、ウオノメは、足の裏からのSOS >>

スポンサーサイト

  • 2008.01.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


足の裏の皮膚病と靴

足の裏の皮膚病の発症や悪化については、現代の靴社会の影響が大きいといえます。自分の足に合わない靴を履き続けると、ウオノメやタコなど足のトラブルだけでなく、からだ全体のゆがみを引き起こし、腰痛などの原因になっていることがよくあります。現代の靴履き習慣によるの湿った環境が水虫の原因のひとつであることも述べました。足の裏の皮膚病の予防や治療に、適切な靴を選ぶことが大切であることがわかります。適切な靴を選ぶことは、自分でできる足の裏の皮膚病、ひいてはそれらが原因で起きる腰痛などの予防や治療の第一歩です。ちなみに、いい靴の条件としてまず挙げられるのは、自分の足に合った靴です。具体的には、自分の足の形(特につま先の形状)に合っていること、横幅が足の大きさに合ってフィット感があること、土踏まずの支えがしっかりしていること、踵がぴったりと合っていること、足の指と靴の曲がる部分が一致していること、くるぶしが当たらないことなどが挙げられます。足になにか問題があるときは、皮膚科や整形外科などの医療機関とともに履物の専門家のアドバイスを受けることが大切です。
 

スポンサーサイト

  • 2008.01.17 Thursday
  • -
  • 10:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-->
足の裏の皮膚病最新記事
足の裏の皮膚病カテゴリー
スポンサードリンク
足の裏の皮膚病アーカイブ
リンク集
サーチ
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲